・・・・・ 四 季 折 々 春 夏 秋 冬 ・・・・・

いく種類もの梅の花に彩られ 春のたたずまいをみせる 枝垂れ桜の向こうに 本堂を望む 深紅色あざやかに ところ狭しと咲き誇る 一万本のキリシマツツジ 月影池に浮かぶ 蓮の華 涼やかな せせらぎが 夏の訪れを告げる 色とりどりの衣をまとい その美を競い合う 境内の深奥 山肌も 秋の装い ひと際 紅く映え立つ 紅葉の錦 伽藍全体で三千本の紅葉 雪化粧をまとった境内に 降り注ぐ陽光 雪を頂く北山台杉 冬空にそびえる